おすすめ・キャンペーン
まとめ買いキャンペーン

⬛︎ MAGNETIC FIELD PROTECTION

マグネチック・フィールド・プロテクション
電気モーター、ラウドスピーカー、パソコンなどが持つ磁界によって、ニヴァロックス社製のヒゲゼンマイが磁気を帯び時計の精度に悪影響を与える原因になります。そこでジンが開発した驚異の80,000A/m(1,000ガウスまたは100ミリテラス)の防磁性能を持つマグネチック・フィールド・プロテクションです。軟磁性材料を使用したインナーケースにムーブメントホルダー、裏蓋を組み込み、さらに文字盤にもこの素材を使用し磁化を防いでおります。ジンのマグネチック・フィールド・プロテクションは、防磁時計のためのDIN規格(ドイツ工業規格)で定められた数値4,800A/mをはるかに上回るもので、磁気干渉を最小に抑えます。防磁時計のためのDIN規格では4,800A/mまでの保護しか要求されていないのです。土星のようなロゴマークはその証。現代はAV機器やコンピューター、携帯電話など磁気を発生する電子機器がいたるところに氾濫し、時計の精度に悪影響を与えていますが、これに対応できうる素材といえます。

 
 

写真左:ジンのマグネチック・フィールド・プロテクションの裏蓋は防磁性能を発揮し、裏蓋を直接クリップに接触させても石に吸い寄せられることはございません。
 
●写真右:ステンレスの裏蓋は簡単に磁力線が通ってしまい、裏蓋をはさんで磁石にクリップが吸い寄せられてしまいます。

⬛︎ マグネチック・フィールド・プロテクションであることの証のロゴマークが文字盤にございます。

 

⬛︎軟磁素材を使用した文字盤、裏蓋、ムーブメント・ホルダー。

 
 

⬛︎Ar-Dehumidifying Technology

Ar ドライテクノロジー
時計内部の空気に含まれている湿気や時計内部に拡散した水蒸気によるムーブメントの潤滑オイルの劣化は、機械式時計の精度に悪影響を及ぼします。ジンのArドライテクノロジーは、ドライカプセルの搭載、EDRパッキンの使用、プロテクトガスの充填という3つの技術的要素により、ムーブメントはほぼ無水の環境となりこの問題を解決。オイルの劣化プロセスと突然の気温低下によるサファイアクリスタル風防の曇りが防止され、信頼性の高い機能と精度が保証されます。

●ドライカプセル
ジンの開発したドライカプセルは、Arドライテクノロジーの最も重要な要素です。このカプセルには特殊乾燥剤である硫酸銅が充填されており、これはケース内の水蒸気を吸収し時計ケース内の湿気を取り除きます。ドライカプセルに吸収された水分量が増すにつれて、淡いブルーからネイビーブルーへと色が変化します。
 
 
●プロテクトガス
潤滑オイルの劣化が引き起こす放電腐食を防ぐため、時計内に希ガスと呼ばれる極めて安定したプロテクトガスを充填することにより、静電気や不安定ガスを含む空気を可能な限り排除し放電腐食を防ぎます。この充填後は、空気から拡散した水分のみが、ドライカプセルによって吸収されることになります。

 

●EDRパッキン
時計ケースの大気中の水分の貫通を最小限に抑えるため、ジンではEDR(超拡散削減)パッキンを使用しています。ニトリルゴム(NBR)を使用した従来のケース用パッキンでの容量値と比べ、水分浸透を最小の25%にまで削減することができます。

⬛︎ ディアパル(DIAPAL)

潤滑剤不要のレバーエスケープメント
Arドライテクノロジーの目的はオイル劣化の防止ですが、ディアパル・テクノロジーのコンセプトは、そのからさらに一歩先に行きます。特殊な材質の組み合わせにより、なんと潤滑剤をしなくても、部品同士が摩擦を起こさずに作動します。これにより、長期間にわたりムーブメントの、とりわけスイス・レバーエスケイプメントの精度を保つことができます。

 

時計のムーブメント全体の精度に大きな影響を与える脱進機の重要な構成部品であるツメ石とガンギ車に、潤滑油なしでも摩擦を起こさず作動する独自の組み合わせの素材を採用することで、長期間にわたり精度を保つ技術です。これは真空状態ではオイルが使えないために開発されたNASAの技術の応用です。

⬛︎ TEGIMENT

デギメント
デギメントとは、窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことにより鋼材の表面に炭素分子を拡散・浸透させ、焼入れして硬化させる技術です。素材の表面をセラミックと同じ1200ビッカース、あるいはそれ以上の硬度にして時計に傷が付くことを防ぎます。この加工はマットやポリッシュ等ケースの仕上げの種類を問わず可能で、さらに金属内のニッケルが表面に出てこないといった特徴もあるため、アレルギー体質の方でも安心したご使用いただくことができます。また、この技術はPVDコーティングの基盤ともなっており、デギメントとPVDを併せて使用することで、ケース本体からコーティングが剥がれるといったエッグシェル現象を起こす心配がありません。

●デギメント加工が施された、ジンを代表するスタンダードなコックピット・クロノグラフMODEL.756

⬛︎ HYDRO

ハイドロ
時計ケース内にシリコンオイルを封入することにより、時計ケース内部の収縮率を海水や淡水とほぼ同じにする得意希なジン独自の技術です。これは外圧に対してまったく同じだけの内圧で押し返すというパスカルの原理の応用です。これによりごつごつした分厚いケース無しに、5,000mという極めて高い防水性を実現しております。また、ハイドロには文字盤の視野角度が飛躍的に向上するというもうひとつの特徴があります。ガラスとほぼ同等の屈折率を持つシリコンオイルの効果により、光の反射で視認性が落ちるのを避け、水中でもくっきりとした視認性を得ることができます。ダイバーズウォッチとして、まさに革新的な技術です。裏蓋はセンター部分が外圧、内圧の変化で稼働する特殊構造になっており、これにより温度によるシリコンの膨張や収縮圧力が、外気圧とのバランスを保つようになっております。

 
 

 
メリット③ ー 水中でも反射しない
ダ イバーズウォッチにおいて通常は避けることのできない、水中でのガラスの反射が驚異的になくなります。ハイドロを搭載した時計なら、浅い角度でも水中で時 間を読むことができます。ダイビング以外で普通に腕時計を見るのと何ら違いはありません。通常の時計でお馴染みの反射作用の原因となるのは、ガラス背面の 全反射です。光学媒体であるサファイアガラスに(文字盤に向かう方向で)続く空気という媒体がある場合、ある一定の角度からは光が全反射し、屈折が起こら なくなります。つまり、サファイアガラスと、針が動いている、空気の充填された部分の間を光が通過できません。その結果、この角度を越えると、まるで鏡を 見ているような感じになり、針が見えなくなります。しかし、空気の代わりに、サファイアクリスタルと同様の光学特性を備えた液体で、針が動いている空間を 充填することにより、こうした作用が起こらなくなり、浅い角度からでも時計を読む事がかのうになります。

 

 
 
 
 
 
 

メリット① ー 究極の曇り防止機能
ケース内部に空気が入っていないので、ハイドロ・テクノロジーを搭載した時計は全く曇りません。曇りは、湿気が存在し、その温度が急激に露点以下以下に下がって凝結した時にだけ起こりうる現象っです。したがって、湿気がないところにが凝結もありえないのです。

 

メリット② ー 潜水可能なあらゆる深度いおける耐圧性
液体を圧縮することはほぼ不可能です。そのため、時計の内圧は、裏蓋に設けられたダイヤフラムの力によって、常に外圧に適応することができます。

 
 
 

 

⬛︎ Tempereyurresistenztechnologie

温度安定テクノロジー
ムーブメントの長期的な動作精度は、可動部品の潤滑に大きく左右されます。これは特に、極端な温度下で使用する場合に言えることです。過酷な使用環境でも時間表示の機能信頼性を確保するため、ジンでは SINN特殊オイルを使用しています。優れた特性を誇るこのオイルにより、−45℃〜+80℃の温度環境でも、劣化の少ない潤滑が可能になります。

 
 

 

 
SINN 特殊オイル

機械式時計のムーブメントのパーツが円滑な運動を行えるよう使用されている潤滑オイルは、通常−25℃で粘性が高くなり精度が維持出来なくなりますが、ジン社開発の特殊オイルは−66℃まで粘性を維持し+228℃まで蒸発が起きません。このオイルの使用により急激な温度変化に耐え、−45℃から+80℃の温度範囲でDIN(ドイツ工業規格)の定めた刻時精度の維持を可能にしました。このオイルが使用されているモデルは、ドイツ出荷の際に全品−45℃と+80℃での検品がおこなわれております。

環境試験機を使った−45℃から+80℃における個別検査

⬛︎ Univerliebarer Sicherheitsdrehring

安全ベゼル

回転ベゼルの構造は、安全という観点から、非常に重要なテーマです。ダイバーの肉体や生命を危険にさらすことが絶対ないよう、T1,T2,U1000の各シリーズでは、2つの要素を基盤としたソリューションを実現しております。
 
まず一つは、回転ベゼルが外れないようにするということ。ジンで採用している方法は、従来のはめ込み式構造とは大きく異なります。特殊な構造により、衝撃を受けたり、何か引っかかったりしても回転ベゼルが外れる心配はなく、よって設定時間が失われるおそれもありません。T1,T2,U1000の各シリーズでは、さらにもう一つの対策が取られております。外れる心配がないのに加え、誤回転防止策も施されています。しかも、DIN8306規格のさらに上をいくレベルです。本規格では、ダイバーズウォッチの回転ベゼルが、時間を設定する際に反時計回りにしか回せない構造でなければならないと定められています。T1,T2,U1000の安全ベゼルは精巧なメカニズムにより、誤って回転できないようになっております。つまり、何かにぶつかったりした瞬間に位置がずれ、設定時間が狂ってしまう心配がありません。

1961

創立

計器飛行教官であり、第2次世界大戦においてはパイロットでもあったヘルムート・ジンがフランクフルト・アム・マインに「ヘルムート・ジン特殊時計(Helmut Sinn Spezialuhren)社」を創設。同社はナビゲーション・コックピットウォッチとパイロット・クロノグラフの製作に特化していました。
 
 
 
 
 
 

1992

142Sが宇宙に

宇宙飛行士クラウス・ディートリッヒ・フラーデがミール92のミッションで142Sを着用
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1994

新しい時の始まり

ディプロム・エンジニア(ドイツの学位)のローター・シュミットが9月1日、SINN社を買収。これにより、シュミットは実質的に新会社を設立したとも言え、技術的、戦略的に将来性をもった企業の構築に努めました。同時に、社名が「 Sinn Spezialuhren GmbH(SINN特殊時計会社)」と改名されました。
 
最初に開発されたのは、マグネチック・フィールド・プロテクションを搭載し、ムーブメントが自由に振動しりように吊り下げられた純チタン製モデル244です。SINN社が実現したこの防磁性能は、耐磁時計に関するドイツ工業規格(DIN)の基準を大きく上回り、磁気から受ける障害を最小限に抑えます。
 
 
 
 
 
 
 
 

1996

ハイドロ(HYDRO)テクノロジーの開発

ハイドロ・テクノロジーが、ダイバーズウォッチ403HYDROにより導入されました。この技術により、究極の曇り防止機能、潜水可能なあらゆる深度のおける耐圧性が保証され、また、水中でどのような角度からでも時計を視認できます。
 
 
 
 
 

1998

-45℃〜+80℃

SINN特殊オイル66-228の併用により、Arドライテクノロジーが完成の域に達しました。そして誕生した温度安定性テクノロジーが、-45℃〜+80℃の環境で機械式時計の作動を可能にしております。この技術を搭載したクロノグラフ303KRISTALLが、世界で最も過酷といわれる犬ぞりレース「ユーコン・クエスト」でもその性能を発揮しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2001

ディアパル(DIAOAL)テクノロジーの開発

ディアパル・テクノロジーが、18Kホワイトゴールド製ファイナンシャル・ウォッチ記念エディション6000により導入されました。このテクノロジーでは特殊な材質の組み合わせにより、潤滑剤がなくても摩擦を起こさずに作動し、長期間にわたって精度を保つムーブメントを実現しております。
 
 
 
 
 
 

2003

デギメント(TEGIMENT)テクノロジーの開発

デギメント・テクノロジーがモデル756により導入されました。この技術を用いて表面を硬化したステンレススチール製ケースは、とてもキズがつきにくくなっております。
 
 
 
 
 
 
 
 

2005

ドイツ潜水艦用のスチールから時計ケースを製作

ドイツ潜水艦用のスチールが、初めてダイバーズウォッチのケースに採用されました。

ゲルマニアロイド船級協会がSINNのダイバーズウォッチを認証

ハンブルグのゲルマニアロイド船級協会により、SINNのダイバーズウォッチの耐圧性と、欧州潜水器具規格EN250およびEN14143に適合していることが試験で確認され、認証されました。これは時計業界では初めてのことです。
 

2012

TESTAFの発表

アーヘン応用科大学とSINNは、2012年7月19日、ヘリコプター・飛行機部品メーカー、エアバス・ヘリコプターズ(旧ユーロコプター)の本社のあるドイツ・ドナウヴェルトにおいて、初の「パイロットウォッチのための技術基準」(TESTAF)を発表しました。このような技術基準を作り上げるのは全く新しい試みであり、それまで、パイロットォッチに関しては時代に即した規格というものが存在していませんでした。TESTAFは、SINNのイニシアチブにより実現された研究プロジェクトの成果です。有視界飛行規定、計器飛行規定またはこの両方に則り、飛行中の時間計測に求められるあらゆる条件を確実に満たすパイロットウォッチを実現します。
 

世界初 ー TESTAF認証を受けた時計第1号

SINNが、世界で初めてTESTAFに基づいて認証された時計を発表いたしました。第1回試験にはSINNから3つのモデルが試験基準をクリアできるよう様々な調整・変更が必要となりました。結果、EZM10TESTAF、103 TI UTC TESTAF、103 TI TESTAFの各モデルが全試験に合格。この成果は証明書に記載され、また、文字盤に印された「TESTAF」の品質保証マークも確認できます。

 
 
 
 
 
 

1985

140Sが宇宙に

ドイツの物理学者であり宇宙飛行士でもあるラインハルト・フラーが、スペースラブ・ミッション D1の期間中、140Sを手首に装着。これにより、SINNの自動巻き機械式時計が無重力空間でも機能することが証明されました。
 
 
 
 
 
 

1993

コロンビア号に搭乗

SINNの142が再び宇宙飛行ミッションを遂行しました。2度目となったドイツ宇宙飛行ミッション「D2」で、宇宙空間クロノグラフが10日間にわたってミッションメンバーに同行。米国の宇宙船コロンビア号に乗船した時計は、地球を160回転し、670万キロを飛行しました。
 
 
 
 
 
 
 

1995

Arドライテクノロジーの開発

Arドライテクノロジーが、弊社のダイバーズウォッチ203TI Arより導入されました。この技術により、時計内部の劣化プロセスが妨げられ、ムーブメントの信頼性がより長く持続します。また、急激な気温変化でも風防が曇りません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1997

SINNがミッションタイマーEZM1とEZM2を発表

特殊時計メーカーとして名を成したSINNが、二つの秀逸な時計、ミッションタイマーEZM1とEZM2を開発し、再びその実力を世に知らしめました。この時計は、ドイツの警察特殊部隊およびGSG-9の任務で使用するために設計されました。そこは、正確で迅速な時間計測が生死を分けることもある世界です。EZNでは時計にとって最も重要な機能、すなわち、完璧な視認性と計測性だけを追求しております。特殊かつプロフェッショナルな使用環境に向けたミッションタイマーの開発は、これ以降もつづけられております。
 
 
 
 
 
 

1999

SUG(ザクセン時計技術社グラスヒュッテ:Sschsische Uhren-technologie Gmbh Glashutte)の創設

SUGではSINN向けに高い技術を駆使した時計ケースを製作しております。
 

フランクフルト・ファイナンシャル・ウォッチの発表

SINNの歴史のなかで大きなマイルストーンを打ち立てたのが、フランクフルト・ファイナンシャル・ウォッチの発表です。この時計により一つの製品シリー ズがその幕開けを迎えることになります。「Frankfurt am Main」の文字がSINNの文字盤に刻まれることになったのも、この時計が初めてです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2009

氷の中のU2

SINNのダイバーズウォッチU2の堅牢さに信頼を寄せる北極探検家、アルヴェード・フクスが、本時計を着用して過酷な探検に挑みました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013

TESTAFを土台とする新たなパイロットウォッチの規格が誕生

SINNの提唱を受け、ドイツ規格協会がダイバーズウォッチのための規格 DIN8306 に習い、初めてパイロットウォッチのための規格を作成。この新規格 DIN8330の土台となったのが、TESTAF(パイロットウォッチのための技術基準)です。パイロットウォッチの試験・認証において、今後もTESTAFの有効性が失われることはありません。